山本 寛(アニメーション演出家、監督)

1974年生まれ。大阪府出身。

代表監督作品 アニメーション作品『らき☆すた』『かんなぎ』『フラクタル』、実写映画『私の優しくない先輩』等

京都大学文学部卒業後、京都アニメーションに入社。演出を木上益治氏に師事。『POWER STONE』で初演出、以降『週刊ストーリーランド』『あたしンち』等数多くの作品に携わる。

2006年に『涼宮ハルヒの憂鬱』のシリーズ演出として参加。『涼宮ハルヒの憂鬱』の劇中歌で使用された『恋のミクル伝説』の作詞 やエンディング曲の演出なども手掛ける。

このエンディングアニメーションは「ハルヒダンス」現象として世界中で大ブームとなる。

2007年、『らき☆すた』で初監督。同年アニメ制作会社Ordetを設立、代表取締役社長となる。

2008年、『かんなぎ』を監督。
2010年に会社設立後、初となる元請作品『ブラック★ロックシューター』で監修を担当。

2011年自身初となるオリジナルアニメ『フラクタル』の監督を務める。

アニメーション以外にも数多くのメディアで講演、執筆活動など多彩な才能を発揮する。

2010年に実写映画として『私の優しくない先輩』 を監督し、2010年度TAMA映画賞最優秀新進監督賞を受賞。「月刊アニメディア」での連載小説『アインザッツ』が出版される。

2012年チャリティ作品『blossom』発表。2014年1月より最新作『Wake Up, Girls!』劇場版上映、TVシリーズ放送が開始された。